Tag: 乳酸菌

「ウェザーニュース」に”失敗しない煮魚の黄金比”が掲載されました
, ニュース

「ウェザーニュース」に”失敗しない煮魚の黄金比”が掲載されました

「ウェザーニュース」に”失敗しない煮魚の黄金比”が掲載されました。   煮汁の黄金比は? 失敗しない煮魚の4つのポイント     秋の気配が深まり少しずつ寒くなってくると、温かい「煮魚」が食べたくなることはありませんか。煮魚を作るための煮汁の調合には、黄金比とされる調味料の比率が存在するそうです。 おいしい魚をよりおいしく味わうために、煮魚の4つのポイントについて、発酵美容家でフードコーディネーターのザイマリさんに伺いました。  

丸ごと小泉武夫食マガジン掲載中
, コラム

丸ごと小泉武夫食マガジン掲載中

丸ごと小泉武夫食マガジン連載記事更新しました。 新米をより美味しくする裏ワザ   こんにちは、発酵美容家のザイマリです。 “新米”と書かれたお米が店頭に出始め、お米の美味しい季節がやってきました。 “新米”とは、食品表示法によって定義づけられており、お米が収穫された年の年末までに包装された精米や玄米のことをいいます。一般的に9〜10月頃から出始め、味わえる期間が限られた旬の食材といえるでしょう。

丸ごと小泉武夫食マガジン掲載中
, コラム

丸ごと小泉武夫食マガジン掲載中

丸ごと小泉武夫食マガジン連載記事更新しました。 甘くない梨救済! 梨の乳酸菌飲料漬け   こんにちは、発酵美容家のザイマリです。 今が旬の梨、食べてみたら味が薄く甘くなくてがっかりした経験はありませんか? キウイフルーツやバナナは置いておくと熟れて甘くなりますが、梨は追熟しない果物なので店頭で買うときの選び方が重要です。

丸ごと小泉武夫食マガジン掲載中
, コラム

丸ごと小泉武夫食マガジン掲載中

丸ごと小泉武夫食マガジン連載記事更新しました。 美味しいスイカの見分け方   こんにちは、発酵美容家のザイマリです。 昔からスイカを買うときに、“ポンポンッ”と手で叩いて音を鳴らしてみたことはありませんか? 正直に言うとどの音が美味しい音なのか、いまひとつわからない方も多いのではないでしょうか。 スイカは、収穫された時点で成長が止まり追熟することがないので、購入する時点で美味しく食べられる甘いスイカを見分けることができます。また、最近ではすでにカットされているものを購入される方も多いと思います。あわせてカットスイカの美味しい見分け方もご紹介していきます。  

丸ごと小泉武夫食マガジン掲載中
, コラム

丸ごと小泉武夫食マガジン掲載中

丸ごと小泉武夫食マガジン連載記事更新しました。 皮パリパリ! 身はジューシーチキンソテーの焼き方   こんにちは、発酵美容家のザイマリです。子供も大人も大好きな定番家庭料理のチキンソテーですが、自宅で作ると皮はしっとり、身はパサパサ。どうしてもプロが作るようにはいきません。今回は、シンプルだからこそ難しいと思われがちな、皮パリパリのチキンソテーの作り方をご紹介します。皮が上手に焼けると肉汁と旨味が凝縮されて、鶏臭さもなくなり、見た目も美しく仕上がります。

ウェザーニュースに”梅干しが決め手!?そうめんのコシがアップする裏技とは”が掲載されました
, ニュース

ウェザーニュースに”梅干しが決め手!?そうめんのコシがアップする裏技とは”が掲載されました

ウェザーニュースに”そうめんのコシがアップする裏技とは”が掲載されました。 梅干しが決め手!? そうめんのコシがアップする裏技とは   猛暑が続くなか、食欲も低下しがちな日々は「そうめん」の出番です。そうめんは、つるりとしたのどごしとコシのある口触りが夏のすぐれた食材といえます。 そんなそうめんのコシをさらにアップさせるための裏技があるそうです。発酵美容家のザイマリさんに、驚きの調理法などについて伺いました。

丸ごと小泉武夫食マガジン掲載中
, コラム

丸ごと小泉武夫食マガジン掲載中

丸ごと小泉武夫食マガジン連載記事更新しました。 枝豆の美味しい茹で方のひと手間とは   こんにちは、発酵美容家のザイマリです。 夏本番になり、枝豆の美味しい季節がやってきました。 普段何気なく食べている枝豆も、少しの下準備と茹でる時のひと手間だけで格段においしく仕上げることができます。まず、美味しい枝豆の見分け方は・・・

丸ごと小泉武夫食マガジン掲載中
, コラム

丸ごと小泉武夫食マガジン掲載中

丸ごと小泉武夫食マガジン連載記事更新しました。 今が旬のルバーブで「練り梅」を作ろう!   こんにちは、発酵美容家のザイマリです。「ルバーブ」という野菜をご存知でしょうか?「ルバーブ」は、欧米では古くから栽培され、ジャムやケーキ、パイ、サラダなどとして食べられていて、家庭料理で馴染みのある野菜の一つです。日本でも近年の健康志向により注目されています。整腸作用のある食物繊維やカリウムが豊富で、ビタミンCをはじめとしたビタミン群も豊富に含まれています。おもな産地は北海道や長野県で、5~9月が旬と言われています。

丸ごと小泉武夫食マガジン掲載中
, コラム

丸ごと小泉武夫食マガジン掲載中

丸ごと小泉武夫食マガジン連載記事更新しました。 とうもろこしの甘みを引き出す茹で方   こんにちは、発酵美容家のザイマリです。 夏の風物詩、甘くて美味しいとうもろこしの季節がやってきました。とうもろこしを茹でる時、水から茹でる、お湯から茹でる、蒸す、電子レンジで温めるなど、ご家庭によっても方法はさまざま。そこで今回は美味しさのカギを握る「とうもろこしの茹で方」を、食感や甘味などの嗜好別にご紹介いたします。

丸ごと小泉武夫食マガジン掲載中
, コラム

丸ごと小泉武夫食マガジン掲載中

丸ごと小泉武夫食マガジン連載記事更新しました。 去年の梅酒でドライフルーツ漬け   こんにちは、発酵美容家のザイマリです。6月といえば梅仕事の季節。基本の梅干しに梅酒、梅酢に梅サワーなど当メディアではさまざまな梅を使ったレシピをご紹介してきました。去年や一昨年に漬けた梅酒があまっていたら、ドライフルーツのラム酒漬けならぬ梅酒漬けを作ってみませんか?