Tag: 離乳食

ウェザーニュースに”そら豆にシワがよらなくなる裏ワザ”が掲載されました
, ニュース

ウェザーニュースに”そら豆にシワがよらなくなる裏ワザ”が掲載されました

ウェザーニュースに”そら豆にシワがよらなくなる裏ワザ”が掲載されました   旬の野菜「そら豆」にシワがよらなくなる裏ワザとは   初夏に旬を迎える野菜のひとつに、そら豆があります。今年も、塩茹でにしたそら豆が、ビールのおつまみにピッタリの季節がやってきました。そこで、そら豆についての「マメ」知識、新鮮なそら豆の選び方、おいしい茹で方など役立つ情報を、発酵美容家のザイマリさんに伺いました。

丸ごと小泉武夫食マガジン掲載中
, コラム

丸ごと小泉武夫食マガジン掲載中

丸ごと小泉武夫食マガジン連載記事更新しました。 有名すき焼き店秘伝! 割り下の黄金比   こんにちは、発酵美容家のザイマリです。 明治創業以来続く、しゃぶしゃぶ、すき焼きの有名店秘伝の割り下の作り方をご紹介します。脂ののった牛肉に合う甘めのたれが、創業以来変わらない味として今なお多くの人に愛されております。この黄金比を覚えておけば、市販のすき焼きのタレを買わなくても、いつでも名店の味がご家庭で楽しめます。  

丸ごと小泉武夫食マガジン掲載中
, コラム

丸ごと小泉武夫食マガジン掲載中

丸ごと小泉武夫食マガジン連載記事更新しました。 昔ながらの乳酸発酵の「千枚漬け」に挑戦!   こんにちは、発酵美容家のザイマリです。 「千枚漬け」は京都の代表的な漬物で、薄切りの聖護院かぶら(しょうごいんかぶら)と昆布、唐辛子を酢漬けにしたものです。 ・京都の高級漬け物の代名詞、「千枚漬け」に挑戦 元々は江戸時代に、聖護院かぶらを塩で漬けてから昆布を挟んで樽で本漬けを行い、時間をかけ乳酸発酵をさせて作られていました。昆布の旨みと乳酸発酵ならではのくすんだ色味と酸味が特徴の漬物です。

丸ごと小泉武夫食マガジン掲載中
, コラム

丸ごと小泉武夫食マガジン掲載中

丸ごと小泉武夫食マガジン連載記事更新しました。 美味しい新じゃがいもの見分け方   こんにちは、発酵美容家のザイマリです。 新じゃがいもや新玉ねぎが出回ると春の訪れを感じます。 ところで、新じゃがいもと普通のじゃがいもの違いをご存知でしょうか。 じゃがいもは保存がきくので一年を通して流通していますが、じゃがいもの旬は春に植えたものが出回る9月から11月にかけてと、新じゃがいもと呼ばれるものが出回る3月から6月頃にかけての2回あります。

丸ごと小泉武夫食マガジン掲載中
, コラム

丸ごと小泉武夫食マガジン掲載中

丸ごと小泉武夫食マガジン連載記事更新しました。 そら豆のシワがよらない裏ワザ   こんにちは、発酵美容家のザイマリです。 4月から6月の初夏にかけて旬のそら豆。そら豆は「美味しい時期が3日」といわれるほど繊細な野菜です。豆の黒い筋部分「お歯黒」は、熟するほど黒くなっていきます。店頭に出始めたばかりのものは、実が若く「お歯黒」が緑色で薄皮もやわらかい状態なので薄皮も美味しく食べられます。

ウェザーニュースに”アサリを美味しくする裏ワザ”が掲載されました
, ニュース

ウェザーニュースに”アサリを美味しくする裏ワザ”が掲載されました

ウェザーニュースに”アサリを美味しくする裏ワザ”が掲載されました 旬のあさりをワンランクおいしくする裏ワザとは   あさりはみそ汁の具としてはもちろん、バター焼きや酒蒸しなどおかずとしても酒のつまみとしても人気のおいしい食材です。新型コロナウイルスの影響で、潮干狩りへ出かけるのは地域によっては難しい状況ですが、あさりは春のこの時期が旬とされています。 そんなあさりを下ごしらえするときにほんのひと手間加えるだけで、ワンランクおいしくなるテクニックがあるそうです。発酵美容家のザイマリさんに、驚きの裏ワザについて伺いました。

丸ごと小泉武夫食マガジン掲載中
, コラム

丸ごと小泉武夫食マガジン掲載中

丸ごと小泉武夫食マガジン連載記事更新しました。 スペアリブや角煮を簡単に柔らかくする3つの方法   こんにちは、発酵美容家のザイマリです。 箸を入れると身がホロホロと崩れてしまうほど柔らかく煮込まれたスペアリブや角煮などの塊肉料理は感動しますよね。スペアリブや角煮を柔らかく作るためには、下茹でをしたり、長時間煮込んだり、または圧力鍋を使ったりと何かと手間がかかるものです。そんな手間を短縮し、お肉を柔らかくするワザをご紹介します。  

丸ごと小泉武夫食マガジン掲載中
, コラム

丸ごと小泉武夫食マガジン掲載中

丸ごと小泉武夫食マガジン連載記事更新しました。 アサリが劇的に美味しくなる裏ワザ   こんにちは、発酵美容家のザイマリです。 温かい気候になり、潮干狩りがベストシーズンを迎えています。 “アサリ”の旬は2月から5月頃(秋頃も旬)まで。産卵を控えて身がふっくらし、旨みが豊富になり美味しい季節です。 身がぷっくりとして栄養たっぷりの“アサリ”は、きちんと下処理をしてから調理するのが基本。基本の砂抜き法とアサリがワンランク美味しくなる裏ワザをご紹介します。

丸ごと小泉武夫食マガジン掲載中
, コラム

丸ごと小泉武夫食マガジン掲載中

丸ごと小泉武夫食マガジン連載記事更新しました。 ミキサーでできる!生のお米から作る「生米パン」   こんにちは、発酵美容家のザイマリです。小麦粉がなくても米粉がなくても大丈夫!とても簡単で美味しいパンを生の米からミキサーだけで作ってしまいます。 従来のパン作りでモチモチ食感にするための「捏(こ)ねる」という作業もなく、米粉パンならではの翌日硬くなってしまうこともないので、パン作りのハードルがグッと下がります。  

丸ごと小泉武夫食マガジン掲載中
, コラム

丸ごと小泉武夫食マガジン掲載中

丸ごと小泉武夫食マガジン連載記事更新しました。 食べるとイクラ!?鮭の塩昆布漬け   こんにちは、発酵美容家のザイマリです。昨年、SNS等で話題になったレシピです。本当にイクラのような濃厚でねっとりとした旨味に変わるので食べてみるとびっくりします。鮭は刺身用の脂ののっているものの方がよりイクラの味わいが強くなります。鮭がない場合でも他の魚で代用でき、即席昆布〆風の逸品に変身します。作り方も簡単、混ぜてなじませるだけ。ぜひ試してみてください。