Tag: 発酵

丸ごと小泉武夫食マガジン掲載中
, コラム

丸ごと小泉武夫食マガジン掲載中

丸ごと小泉武夫食マガジン連載記事更新しました。 超ワザ!50度洗いで時短アサリの砂抜き   こんにちは、発酵美容家のザイマリです。 通常、アサリをはじめとした二枚貝の砂抜きには、3%の塩水につけて暗所で3~4時間置かなければなりませんが、50度のお湯でアサリを洗うと汚れや砂をすぐに吐き出し、なんと15分程で完了します。 アサリを50度のお湯に入れると、ヒートショックを受けて身を守ろうします。すると呼吸をして身を冷やそうと、勢いよく水の出し入れを始めます。この状態で殻と殻を強くこすり合わせると、汚れや砂、塩分も一気に吐き出してくれます。

丸ごと小泉武夫食マガジン掲載中
, コラム

丸ごと小泉武夫食マガジン掲載中

丸ごと小泉武夫食マガジン連載記事更新しました。 東海地方の郷土食「アサリのしぐれ煮」   こんにちは、発酵美容家のザイマリです。 秋アサリの美味しい季節がやってきました。 これまでもアサリを使った料理や、美味しくする裏ワザなどをご紹介してきました。   ・アサリが劇的に美味しくなる裏ワザ  

丸ごと小泉武夫食マガジン掲載中
, コラム

丸ごと小泉武夫食マガジン掲載中

丸ごと小泉武夫食マガジン連載記事更新しました。 冷凍シーフードミックスの縮まない解凍方法   こんにちは、発酵美容家のザイマリです。 冷凍シーフードミックスはとっても手軽ですが、調理するとびっくりするくらい小さくなってしまったり、固くなったり、生臭さが気になることがあります。冷凍シーフードミックスを上手に解凍・調理することで、魚介の旨味を閉じ込め、さらには食感もプリプリのまま! 殻付きの冷凍むき海老などにも使えるテクニックです。

丸ごと小泉武夫食マガジン掲載中
, コラム

丸ごと小泉武夫食マガジン掲載中

丸ごと小泉武夫食マガジン連載記事更新しました。 レンジで色鮮やかに!自家製乾燥バジル   こんにちは、発酵美容家のザイマリです。 夏の短期間にたくさん採れるバジルを一年中使えるように、乾燥させて自家製ドライバジルを作りましょう。 天日干しの場合、2~3日自然乾燥させるとカラカラに乾燥しますが、色が黒くなりやすいのが難点でした。電子レンジを使って短時間で乾燥させると、風味は自然乾燥より少し劣りますが、緑の発色が綺麗に残り、色鮮やかな自家製ドライバジルが出来上がります。加熱している最中も良い香りが部屋中に漂います。

丸ごと小泉武夫食マガジン掲載中
, コラム

丸ごと小泉武夫食マガジン掲載中

丸ごと小泉武夫食マガジン連載記事更新しました。 お盆のお供えと基本のみたらし団子   こんにちは、発酵美容家のザイマリです。 お盆にご先祖様にお供えするものに、果物や野菜、そうめんなど地域によって違いはありますが、その中の一つに団子をお供えする風習があります。 団子には、迎え団子、お供え団子、送り団子などがあります。 明確な決まりはありませんが、迎え団子は、この世に戻ってくるまでの道中の疲れを癒していただけるよう、甘いあんこやみたらしタレのついたお団子を用意するのが一般的。

丸ごと小泉武夫食マガジン掲載中
, コラム

丸ごと小泉武夫食マガジン掲載中

丸ごと小泉武夫食マガジン連載記事更新しました。 失敗しないトロトロ半熟目玉焼きの作り方   こんにちは、発酵美容家のザイマリです。 朝食の定番「目玉焼き」。簡単そうに見えて好みの焼き加減にするには意外と難しいものです。「お店みたいに黄身が半熟トロトロにならない」「ちょっと目を離した隙に焦げてしまった」など、同じ固さの目玉焼きを作るのは至難の技です。そこで、誰が作ってもトロトロ半熟目玉焼きになるポイントをご紹介します。  

丸ごと小泉武夫食マガジン掲載中
, コラム

丸ごと小泉武夫食マガジン掲載中

丸ごと小泉武夫食マガジン連載記事更新しました。 大葉でさっぱり!夏のジェノベーゼソース   こんにちは、発酵美容家のザイマリです。 夏の薬味の定番「大葉」を使った、ジェノベーゼソースのご紹介です。 ジェノベーゼソースは通常、バジルやにんにく、松の実、オリーブオイルなどを混ぜて作られたソースのことで、パスタに絡めたり、肉、魚料理のソースとして使われています。 バジルも大葉も同じシソ科、バジルの代わりに今が旬の「大葉」を使い、松の実の代わりに胡桃などのナッツを使用することで、手に入りやすい食材で簡単に作ることができます。

丸ごと小泉武夫食マガジン掲載中
, コラム

丸ごと小泉武夫食マガジン掲載中

丸ごと小泉武夫食マガジン連載記事更新しました。 新生姜で昔ながらの生姜糖   こんにちは、発酵美容家のザイマリです。 新生姜(しんしょうが)でピンクジンジャーエールの素を作った後の新生姜を酢につけると甘酢漬け(ガリ)に、乾燥させると生姜糖(しょうがとう)になります。 今回は生姜糖を作ってみましょう。 晴天なら2日程、外で乾燥させるか、梅雨のこの時期ならフライパンで火を通し水分を飛ばすか、オーブンで乾燥させてグラニュー糖をまぶせば完成です。

丸ごと小泉武夫食マガジン掲載中
, コラム

丸ごと小泉武夫食マガジン掲載中

丸ごと小泉武夫食マガジン連載記事更新しました。 新生姜でピンクジンジャーエールの素作り   こんにちは、発酵美容家のザイマリです。 初夏になり、よく目にするようになった新生姜。ガリにも使用される新生姜は、普通の生姜に比べて水分がありみずみずしく、辛味も穏やかなのが特徴です。 白っぽい色の新生姜ですが、レモン汁や酢を入れると綺麗なピンク色に変わります。このピンク色は新生姜でしか作れないので、この時期ならではのピンクジンジャーシロップを作ってみませんか?

7周年移転リニューアルキャンペーンのお知らせ
, ニュース

7周年移転リニューアルキャンペーンのお知らせ

いつもMalinoをご利用いただき誠にありがとうございます。   この度、Malinoは7周年を迎え、恵比寿に移転リニューアルいたしました。 感謝の気持ちを込め、2022年6月から8月末までキャンペーンを行います。   お通いのお客様も、初めてご利用のお客様もお受けいただける 大変お得なメニューとなっておりますので 是非、ご利用ください。