Tag: ザイマリ

「ウェザーニュース」に”失敗しない煮魚の黄金比”が掲載されました
, ニュース

「ウェザーニュース」に”失敗しない煮魚の黄金比”が掲載されました

「ウェザーニュース」に”失敗しない煮魚の黄金比”が掲載されました。   煮汁の黄金比は? 失敗しない煮魚の4つのポイント     秋の気配が深まり少しずつ寒くなってくると、温かい「煮魚」が食べたくなることはありませんか。煮魚を作るための煮汁の調合には、黄金比とされる調味料の比率が存在するそうです。 おいしい魚をよりおいしく味わうために、煮魚の4つのポイントについて、発酵美容家でフードコーディネーターのザイマリさんに伺いました。  

丸ごと小泉武夫食マガジン掲載中
, コラム

丸ごと小泉武夫食マガジン掲載中

丸ごと小泉武夫食マガジン連載記事更新しました。 新米をより美味しくする裏ワザ   こんにちは、発酵美容家のザイマリです。 “新米”と書かれたお米が店頭に出始め、お米の美味しい季節がやってきました。 “新米”とは、食品表示法によって定義づけられており、お米が収穫された年の年末までに包装された精米や玄米のことをいいます。一般的に9〜10月頃から出始め、味わえる期間が限られた旬の食材といえるでしょう。

丸ごと小泉武夫食マガジン掲載中
, コラム

丸ごと小泉武夫食マガジン掲載中

丸ごと小泉武夫食マガジン連載記事更新しました。 美味しいカボチャの見分け方   こんにちは、発酵美容家のザイマリです。 最近では、そうめんかぼちゃやバターナッツカボチャなど色々な種類のカボチャを見かけるようになりましたが、主に流通しているのがホクホクして甘みが強い西洋カボチャです。 カボチャは鮮度が良ければ美味しいというわけではなく、むしろしっかりと熟成されたカボチャの方が甘みも強くホクホクとした食感になります。

「Yahoo!ニュース」「ウェザーニュース」に”栗の皮むきの裏ワザ”が掲載されました
, ニュース

「Yahoo!ニュース」「ウェザーニュース」に”栗の皮むきの裏ワザ”が掲載されました

「Yahoo!ニュース」に”栗の皮むきの裏ワザ”が掲載されました 冷凍して簡単キレイに 秋の味覚「栗」の皮むきの裏ワザ   「ウェザーニュース」に”栗の皮むきの裏ワザ”が掲載されました 冷凍して簡単キレイに 栗の皮むきの裏ワザ   秋の味覚の代表格といえば「栗」です。10月から11月が旬。栗ご飯、栗きんとん、甘露煮、マロングラッセなど、いろいろな楽しみ方ができます。 むいてしまうとおいしい栗ですが、鬼皮と渋皮をむくのには一苦労します。これを簡単にむく方法を、発酵美容家のザイマリさんに伺いました。

「Yahoo!ニュース」「ウェザーニュース」に”アサリを美味しくする裏ワザ”が掲載されました
, ニュース

「Yahoo!ニュース」「ウェザーニュース」に”アサリを美味しくする裏ワザ”が掲載されました

「Yahoo!ニュース」に”アサリを美味しくする裏ワザ”が掲載されました あさりは秋も旬!旨味がアップする砂抜きの裏ワザとは   「ウェザーニュース」に”アサリを美味しくする裏ワザ”が掲載されました 旬のあさりをワンランクおいしくする裏ワザとは   あさりはみそ汁の具としてはもちろん、バター焼きや酒蒸しなどおかずとしても酒のつまみとしても人気のおいしい食材です。新型コロナウイルスの影響で、潮干狩りへ出かけるのは地域によっては難しい状況ですが、あさりは春のこの時期が旬とされています。 そんなあさりを下ごしらえするときにほんのひと手間加えるだけで、ワンランクおいしくなるテクニックがあるそうです。発酵美容家のザイマリさんに、驚きの裏ワザについて伺いました。

丸ごと小泉武夫食マガジン掲載中
, コラム

丸ごと小泉武夫食マガジン掲載中

丸ごと小泉武夫食マガジン連載記事更新しました。 甘くて美味しい柿の見分け方   こんにちは、発酵美容家のザイマリです。 柿の美味しい季節がやってきました。昔は10月になると、庭の柿の木から柿を取り、アルコールで拭いて渋抜きしたり、干し柿を作ったりしたものです。 柿には、富有柿のような甘さが特徴の“甘柿”や、アルコールで渋を抜いたり、干し柿にして食べる“渋柿”、1本の木から甘柿も渋柿も取れ、食べてみないとわからない“不完全柿”の3種類があります。

丸ごと小泉武夫食マガジン掲載中
, コラム

丸ごと小泉武夫食マガジン掲載中

丸ごと小泉武夫食マガジン連載記事更新しました。 甘くない梨救済! 梨の乳酸菌飲料漬け   こんにちは、発酵美容家のザイマリです。 今が旬の梨、食べてみたら味が薄く甘くなくてがっかりした経験はありませんか? キウイフルーツやバナナは置いておくと熟れて甘くなりますが、梨は追熟しない果物なので店頭で買うときの選び方が重要です。

丸ごと小泉武夫食マガジン掲載中
, コラム

丸ごと小泉武夫食マガジン掲載中

丸ごと小泉武夫食マガジン連載記事更新しました。 甘くて美味しい梨の見分け方   こんにちは、発酵美容家のザイマリです。 スーパーなどで梨が出回りはじめると、秋の訪れを感じますね。 日本で主に出回っている“和梨”は大きく分けて2種類あり、豊水や新高(にいたか)、あきづき、幸水などの皮が褐色の“赤梨”と、二十世紀梨や秋麗(しゅうれい)などの皮が黄緑色の“青梨”とがあります。 梨は一般的に、大きくて重い方が、味が濃く美味しいといわれています。硬めで形がよく、皮に張りがあるものを選びましょう。また、梨は追熟しない果物ですので、購入の段階で以下を参考に見極めてください。  

丸ごと小泉武夫食マガジン掲載中
, コラム

丸ごと小泉武夫食マガジン掲載中

丸ごと小泉武夫食マガジン連載記事更新しました。 今が旬! 宮城名物はらこ飯   こんにちは、発酵美容家のザイマリです。 北海道や東北地方で生まれた鮭が故郷の川に戻ってくるのは9月から12月頃。 この時期に水揚げされた天然鮭は、「秋鮭」や「秋味」などと呼ばれています。 産卵前に水揚げされた鮭は卵を成長させるために体脂肪が使われているので、脂が少なく身が引き締まっているのが特徴です。

丸ごと小泉武夫食マガジン掲載中
, コラム

丸ごと小泉武夫食マガジン掲載中

丸ごと小泉武夫食マガジン連載記事更新しました。 美味しいスイカの見分け方   こんにちは、発酵美容家のザイマリです。 昔からスイカを買うときに、“ポンポンッ”と手で叩いて音を鳴らしてみたことはありませんか? 正直に言うとどの音が美味しい音なのか、いまひとつわからない方も多いのではないでしょうか。 スイカは、収穫された時点で成長が止まり追熟することがないので、購入する時点で美味しく食べられる甘いスイカを見分けることができます。また、最近ではすでにカットされているものを購入される方も多いと思います。あわせてカットスイカの美味しい見分け方もご紹介していきます。